平野歩夢選手 – HIRANO Ayumu CONGRATULATIONS!!

  • 公開日:2022.03.01
  • 更新日:2022.03.02

平野歩夢選手、スノーボード・ハーフパイプ(弊社イフイング・TOKIO インカラミ所属)

本当におめでとうございます!
世界初に挑戦し続けることの強さ、そしてそれを成し遂げるだけの圧倒的な練習量・・・
その向上心に感服しています。
これからも共に歩み続けたいと思います。

 

― TOKIO インカラミが平野歩夢選手をサポートする、その経緯や想い、理由

夏のオリンピックではスケートボードに挑戦されたが、
スケートボードは比較的新しい競技として注目をされていると思います。
TOKIOインカラミ、イフイングも、常に新しい事業や市場へのチャレンジを続けていることもあり、スポーツの分野においても新しい競技・種目に挑戦し、活躍する選手をサポートしたいと思っています。
平野選手の競技に対する真摯な取り組み、そして夏冬両オリンピックへ果敢に挑戦する姿勢がとても魅力的です。
他の人がやっていないことに挑戦したい、という考えは我々も同じ。
そのイメージが重なりました。
トップランナーとして常にかっこよくありたいという姿勢を追い求めながら、平野選手は何より実力があって、華があって、そしてカッコいい。一緒に頑張っていきたいです。

 

― 平野歩夢選手の魅力について

  • ヘアスタイル・ファッション
    アーバンスポーツ(スノーボード・スケートボード)は、全般的に今の若者のライフスタイル、ファッションスタイルとの親和性が高いと感じています。まさに新しいファッション文化を象徴しています。
    その中でも平野選手は自身のスタイルを貫いているところがカッコいいですね。
  • 人間的魅力
    挑戦する姿はもちろんだが、「気持ちの強さ」が非常に魅力的だと感じています。
    自分でしか辿れない道を進み、誰も挑戦していないことにこだわり続けているところ。
    競技レベルはもちろん最高ですが、ずっとスポーツにかける情熱、真摯な姿勢、そして常に競技というものに真剣に取り組んでいる姿勢が素晴らしいとしか言えません。

 

我々も平野選手に負けないよう、誇りをもってチャレンジし、成長し続ける企業でありたいと思っております。
今後も応援し続けます、本当におめでとうございます!

 



 【平野歩夢選手について】

■  生年月日:1998年11月29日
■  出身地:新潟県
■  プロフィール:
4歳でスノーボードを始め、小学4年生でメーカーとプロ契約するなど、早くからハーフパイプで頭角を現す。
2014年ソチ、2018年平昌五輪ハーフパイプ男子で2大会連続の銀メダルを獲得。
ソチ五輪での15歳74日でのメダル獲得は、スノーボードにおける最年少のオリンピックメダリストとしてギネス世界記録にも認定された。
世界最高峰の大会「Winter X GAMES」では、2016年、2018年に優勝、FISワールドカップでは通算3勝、2019年には、Forbes Japanの30 UNDER 30 JAPAN スポーツ部門に選出されるなど、名実ともに世界トップクラスのスノーボーダーである。
新たに正式種目に加わったスケートボード「パーク」種目で東京2020夏季オリンピック出場。日本代表として、スノーボードとの史上初の2刀流に挑戦した。
そして、北京2022冬季オリンピックでは、トリプルコーク1440を決めて、金メダル獲得

 

【戦歴・受賞歴】

  • 2014年 ソチ五輪 銀メダル(ハーフパイプ日本人初)
  • 2016年 European Open 優勝
  • 2016年 Oslo Winter X-Games 優勝(日本人初)
  • 2018年 Aspen Winter X-GAMES 優勝(日本人初)
  • 2018年 平昌五輪 銀メダル
  • 2018年 BURTON US OPEN 優勝
  • 2022年 北京五輪 金メダル
        (スノーボード競技・日本人初)